私の糖質制限へのスタンス

こんばんは。ももです。

毎日コロナウィルスのニュースで持ちきりですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

またちょっと間が空いてしまったけど、今年は更新頻度上げていきますよ!

多分…

さてさて本題です。

私の糖質オフに対する姿勢というか、モットーというかスタンスをつらつら書いてみようかなと思ったのは、

時々、 「糖質とってしまった…」ってやたら落ち込む人を何人も見かけて気になったから。

特に、始めたばかりの人はそんな風に思いがちかなと。

正しい糖質量ってどれくらいなんだろう?と悩む方も…

持病があってかなり厳格にコントロールが必要という場合は別ですが、もっと気楽にできることを知って欲しいと思いました。

おこがましいのですが、お付き合いいただけたら幸いです。

正しい糖質量って?

糖質制限をやる理由は人によって違うし、健康度合いもみんな違うから、

これが正しい糖質制限だ!

なんてものはないと思うんです。多分。

糖質制限は幅が広いです。

江部先生の本には主食を3食のうち1食抜いたらプチ糖質制限と書いてありましたし。

私の感覚では、今までよりも糖質を減らそうと意識した時点で糖質制限だと思ってますが、断糖が良いと言う人もいるし、情報がたくさんあって悩ましいですよね。

糖質制限をする目的、体質や体感を考えた上で、ちょうど良い糖質量を試行錯誤しながら自分で探すしかないんだろうなぁと思います。

バシッと答えが出なくてごめんなさい。

でもバシッとビシッと答えなんて出ないです。

私の考え方を参考にしてね、なんて言うのはおこがましいんですけど、こんな人もいるよってことで気楽に読んでくださると嬉しいです。

既にご自身の方法が確立できている方には何の意味もなさない記事です(^◇^;)

私の糖質制限におけるスタンス

・糖質オフより高タンパク優先


・糖質とる日があっても良いから続ける


・糖質とっても不必要に罪悪感を持たない

上記3点が私のスタンスです。

なんせ、大切なのは糖質オフより高タンパクです。

タンパク質(脂質もね)が足りなかったら、どんなに糖質制限したって身体に良くありません。

いや、むしろ体調悪くなります。

身体の材料であるタンパク質は必要です。

だから、肉、卵、プロテイン。

ここは一番大事にしています。

事情があってタンパク質が十分にとれない日があっても、次の日からはまた摂ることを意識します。

そして糖質をとってしまっても良いから、続けることが目標です。

次の日からまた頑張れば良い。

何度でもやり直せば良いと思っています。

食べても死ぬわけじゃありません(重篤な症状に陥る人は別として)

糖質を食べることは罪ではありません。

たまに糖質ポリス(人の食事内容に糖質が多すぎるとか言ってくる人)がTwitter上にいるらしいけど、

そんなの気にしなーい。

なんならブロック。

私は言われたことないんですけどね(ヾノ・∀・`)ナイナイ

私の一日の糖質量は…

わかりません ← おい

すみません、超がつくほどのズボラ人間なんです…

今は基本、3食主食抜きです。

糖質制限を始めて半年くらいは一食は主食有りにしてました。

(また少し緩めることもあるかもしれません)

朝はプロテインに生クリーム入れて飲むと、お昼までお腹空かなくて、私にはこれが合っている気がします。

あとEAAを朝に3gほど。

一日に肉は最低200g、卵は平均5個、プロテインは朝晩2回(合計40g)とるのが目安です。

あ、これ糖質量じゃなくてタンパク質量だわ。

とにかく、私は糖質量よりタンパク質量を大事にしてます。

野菜は食べます。根菜以外の野菜の糖質は気にしません。

で、基本は糖質オフの食生活ですが、NG食材は無しにしてます。

お付き合いがあれば食べますし、頂き物があればそれもありがたくいただきます。

頂き物はもちろん量を気をつけながらですが、人が自分のために選んでくれたものを無駄にしたくないので…

たくさんあれば周りの方におすそ分けしますが。

出かけたり旅行する時も糖質解禁にしてます。

その他の場合も食べたい時は食べる。

食べる時は罪悪感持たずに楽しむ!

感動しながら食べます。

そもそも糖質大好きだし(笑)せっかく美味しいもの食べてるのに、気にしてたらつまらないですからね。

ただ糖質オフ生活を続けてみて、私の場合は特に小麦粉がかなりのダメージをもたらすことがわかったので、

食べた後、または翌日に来る不調は受け入れる覚悟で楽しんでます。

ただ旅行の時は肝心の旅行が不調で楽しめないのも嫌なので、ちょっと考えなきゃいけないかも(^_^;)

ここまで読んでくださった方は、私がいかにゆるゆるかお分かりになったことでしょう。

でも、厳しいと私の場合は続かないんです。

糖質オフの大切さは分かっているけど、金輪際食べないとか決めてしまったら、私にとってそれはただの苦行なのです。

やるなら楽しくやらねば。

ゆるゆるだとしても、前みたいな糖質過多の生活を送るよりはずっと良いと思っています。

たくさんの変化を感じていますから。

今宵も最後まで読んでくださってありがとうございました(*´罒`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です